ここから本文です

国産3D TLC NAND採用の高速SSD「WD Black NVMe」が発売

5/17(木) 12:00配信

Impress Watch

(5/18 14:13更新)販売開始。
初出日時 5/17 12:00

 Western DigitalのNVMe SSDの新モデル「WD Black NVMe」が18日(金)に発売された。容量は1TB(WDS100T2X0C)、500GB(WDS500G2X0C)、250GB(WDS250G2X0C)の3種類。

【この記事に関する別の画像を見る】

 店頭価格(以下、税込表記)は順に51,800円前後、27,800円前後、14,800~15,100円前後。販売ショップはツクモパソコン本店II、ツクモeX.パソコン館、ツクモ12号店、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ドスパラ秋葉原本店、オリオスペック、パソコンショップ アーク、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館。

■転送速度はリード最大3,400MB/s、ライト最大2,800MB/s、保証は5年

 WD Black NVMeは、M.2フォームファクタのNVMe SSD。接続インターフェイスはPCIe Gen3 x4。

 2017年3月に発売されたNVMe SSD「WD Black PCIe」に続くモデルで、最大容量が1TBに増えたほか、耐久性が向上。総書き込み容量(TBW)は、1TBモデルで600TB、500GBモデルで300TB、250GBで200TBを公称する。MTTF(平均故障時間)は3モデルが175万時間。

 パフォーマンスも向上したといい、1TBモデルの公称値はシーケンシャルリード3,400MB/s、ライト2,800MB/s、ランダムリード500,000IOPS、ライト400,000IOPSとされている。

 また、同社が無料で公開しているツール「SSDダッシュボード」でディスク分析などが行なえるほか、バックアップソフト「Acronis True Image WD Edition」の無料ダウンロード権が付属。5年間の製品保証も付属する。

 なお、国内代理店のフィールドレイクによれば、フラッシュメモリは国産の3D TLC NAND(BiCS3)を採用しているという。

 本体のサイズは80×22×2.38mm(Type 2280)、重量は7.5g。

[撮影協力:ツクモ12号店とツクモパソコン本店IIとパソコン工房 秋葉原BUYMORE店]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:5/24(木) 17:37
Impress Watch