ここから本文です

李 2戦連発!強烈ミドル“汚名返上弾”、浦和が1位突破

5/17(木) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇ルヴァン杯1次リーグC組・最終節 浦和1-0広島(2018年5月16日 埼玉)

 8試合が各地で行われ、C組の浦和はホームで広島に1―0と勝利を収め1位突破を決めた。後半31分、FW李忠成(32)が左足で放った2戦連発のミドルシュートが決勝点となった。プレーオフは6月2、9日に行われる。

 FW李の“汚名返上弾”でC組1位突破を決めた。0―0で迎えた後半31分、ペナルティーエリア外から左足一閃(いっせん)。強烈なシュートをゴール左下に突き刺した。同23分には自らキッカーを志願したPKで痛恨のミス。「GKが動いた方に蹴ってしまった。PKを外したのはプロ人生で初めて。決めなきゃ男がすたると思った」。これでルヴァン杯は2戦連発。16年大会ではMVPを獲得しているミスター・ルヴァン杯が、本領を発揮してきた。