ここから本文です

吉川友梨さん不明15年=不審なクラウン特定急ぐ―900台捜査・大阪府警

5/17(木) 17:36配信

時事通信

 大阪府熊取町で2003年5月、当時小学4年の吉川友梨さん(24)が下校途中に行方不明になった事件から20日で15年になるのを前に、大阪府警は17日、現場近くで目撃された不審な乗用車と同型のトヨタ「クラウン」を公開した。

 
 田畑修治捜査1課長は、友梨さんの写真が飾られた泉佐野署捜査本部で取材に応じ、「一日も早く両親のもとに返してあげるため、どんなささいな情報でも連絡を」と呼び掛けた。情報は電話072(464)1234まで。

 公開したのは1987~90年に製造された「130系」クラウンで、車体の色は白。友梨さんが失踪した03年5月20日の午後3時ごろ、自宅から約350メートル離れた丁字路に、自宅と逆向きに止まっているのが目撃された。

 運転席には男がおり、助手席に白い服の女児がうつむいて座っていたという。服装が一致することから、捜査本部は友梨さんとみている。

 白いセダンの目撃情報は複数寄せられ、捜査本部は角張った車体の特徴などから130系クラウンと特定した。形がよく似た前モデル120系も視野に、持ち主の特定を進めている。

 府警はこれまでに、捜査員延べ8万5400人を投入。大阪府南部の登録車両を中心に130系クラウンは対象約900台のうち約550台を、120系を含めると計約2300台中約1500台を調べたが、有力な情報は得られていないという。 

最終更新:5/17(木) 18:02
時事通信