ここから本文です

ソニーヘッドフォン「WH-1000XM2」「WI-1000X」がGoogleアシスタント対応

5/17(木) 14:10配信

Impress Watch

 ソニーは、ワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM2」と首掛け型のワイヤレスイヤフォン「WI-1000X」をGoogleアシスタント対応とするソフトウェアアップデートを17日より開始した。

【この記事に関する別の画像を見る】

【追記】WH-1000XM2/WI-1000X用アップデータ公開停止中(5月18日15:45追記)

 ファームウェアをVer.2.0.0に更新することで、Googleアシスタントに対応。Googleアシスタントのために最適化され、アプリからの立ち上げよりもスムーズにアシスタントを立ち上げ可能になるほか、メールやカレンダーの通知機能に対応する。その他の機能改善も行なわれている。

 同じ1000Xシリーズの、左右分離型ワイヤレスイヤフォン「WF-1000X」の最新ソフトウェアVer.2.0.0も提供開始。こちらもGoogleアシスタントに対応予定だが、本バージョンは「Googleアシスタント機能対応のための事前アップデート」としている。また、機能改善も行なわれる。

 いずれも、アップデートには、Android/iOSアプリの「Sony | Headphones Connect」を利用する。

AV Watch,臼田勤哉

最終更新:5/18(金) 16:07
Impress Watch