ここから本文です

日立オートモティブシステムズとクラリオン、「人とくるまのテクノロジー展」で自動運転などモビリティ技術を紹介

5/17(木) 14:38配信

Impress Watch

 日立オートモティブシステムズはグループ会社のクラリオンと共同で、5月23日~25日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜」に出展。自動運転や電動化などの技術を中心に、日立グループのモビリティテクノロジー、製品・システムを紹介する。

 展示会ではZEV(Zero Emission Vehicle)規制などの対応でニーズが高まる「電動化システム」や、カメラやレーダーなどの周辺認識センサーを組み合わせて周囲の状況を検知する360度センシング技術と、それらの検知情報を基に車両制御を行なう安全制御技術で実現する「自動運転システム」をショーケースカーに搭載し、実機と映像によるバーチャルな演出で紹介。また、自動運転のユースケースの1つとして、「駐車場の安全性・利便性」の向上を目指して開発中のオートバレーパーキングを紹介する。

 そのほか、シミュレーション・解析技術の活用、各種コンポーネントの継続的な進化を通じて、熱効率向上、クリーンで環境負荷を低減する「燃費向上・高効率エンジンシステム」を展示する。

 クラリオンコーナーでは「Door to Door ナビゲーション」を展示。1回の検索で出発から目的地到着・帰宅まで、駐車後の徒歩移動も誘導するもので、スマートフォンで検索した目的地情報をカーナビゲーションとシームレスに共有。カーナビゲーションでのルート案内や駐車後の徒歩ルートを、スマホにも表示させることが可能なナビゲーション。

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:5/17(木) 14:38
Impress Watch