ここから本文です

スルガ銀行が一時▲14%安に迫る暴落! 日経平均株価は続落

5/17(木) 7:20配信

投信1

株式市場の振り返り-日経平均株価は続落、値幅の狭いレンジ内での動き

2018年5月16日(水)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 22,717円(▲100円、▲0.4%) 続落
 ・TOPIX 1,800.3(▲4.8、▲0.3%) 続落
 ・東証マザーズ総合指数 1,127.0(▲14.8、▲1.3%) 続落
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:890、値下がり銘柄数:1,120、変わらず:73
 ・値上がり業種数:12、値下がり業種数:21
 ・年初来高値更新銘柄数:100、年初来安値更新銘柄数:46
東証1部の出来高は16億2,672万株、売買代金は2兆6,028億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。引き続き特段目立ったニュースはありませんでしたが、各社の決算発表などを手掛かりに、緩やかなリスクオンモードが続いたと見られます。売買代金も減少こそしたものの、2兆5,000億円を上回りました。

そのような中、NY市場の下落を受ける形で、日経平均株価は終日マイナス圏で推移しました。しかし、値幅の狭いレンジでの動きとなり、高値(▲22円安)と安値(▲122円安)の差はわずか100円となっています。続落となりましたが、終値では何とか22,700円台を維持しました。

なお、TOPIXも同じような値動きで引けています。

東証マザーズ総合指数は続落、売買代金は連日で1,000億円を上回る

東証マザーズの出来高は6,359万株、売買代金は1,154億円となり、いずれも前日より増加しました。まだ特筆すべき高水準の商いではありませんが、個人投資家の物色意欲の回復が感じられた取引でした。売買代金は連日で1,000億円の大台を上回っています。

一昨日発表されたメルカリ <4385> の上場承認決定が明るい材料となった可能性もあります。なお、メルカリの上場予定日は6月19日です。

ただ、総合指数は利益確定売りが増えた結果、大幅下落となる続落で引けました。買い意欲が増えてこないと、1,100ポイント割れも間近になるでしょう。

1/2ページ

最終更新:5/17(木) 7:20
投信1

チャート

メルカリ4385
3530円、前日比+80円 - 9/25(火) 15:00

チャート

ソフトバンクグループ9984
10925円、前日比-120円 - 9/25(火) 15:00

チャート

ファーストリテイリング9983
55380円、前日比-1420円 - 9/25(火) 15:00