ここから本文です

【映像】キラウエア火山噴火活動続く 噴煙で航空機に警戒勧告

5/17(木) 11:12配信

AP通信

ヒロ、ハワイ州、5月17日 (AP)― 米ハワイ州のハワイ火山観測所は5月16日、活発な噴火活動が続くハワイ島東部キラウエア火山の火口から立ち昇った噴煙が、海抜3660メートルに達したと発表した。
 噴煙は間断なく火口から吹き出しており、火山から29キロ離れた地点にまで広がっている。米国地質研究所は、警戒レベルを「オレンジ」から「レッド」に引き上げて、航空機に注意を促している。
 また、火山活動によってできた地表の亀裂からは高濃度の亜硫酸ガスが噴出しており、非常に危険な状態だという。ハワイ民間防衛局は、呼吸不全や窒息などの恐れがあることから、麓のラニプナ・ガーデン住宅地と周辺の農家に、安全な場所に避難するよう呼び掛けている。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:5/17(木) 11:21
AP通信