ここから本文です

大坂なおみ、わずか59分で女王ハレプに完敗「なぜかボール返らなくなった」<女子テニス>

5/17(木) 2:03配信

tennis365.net

BNLイタリア国際

女子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、プレミア5)は16日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク21位の大坂なおみは同1位で第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)に1-6, 0-6のストレートで敗れ、ベスト16進出とはならなかった。試合時間は、わずか59分だった。

【錦織vsコールシュライバー 1ポイント速報】

20歳の大坂は、今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)でハレプらトップの選手たちを次々と破り、ツアー初優勝を飾った。

今大会の1回戦では元世界ランク1位のV・アザレンカ(ベラルーシ)に快勝し、2回戦へ駒を進めていた。

迎えたハレプとの2回戦、大坂は第1セットの第1ゲームをサービスキープしたが、以降はミスを連発。全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で2度決勝へ進出しているハレプからポイントを先行することができず、12ゲーム連取を許して2回戦で力尽きた。

女子テニス協会のWTAインサイダーには「なぜか、あのゲーム(1-0)からバックハンド・サイドで相手コートにボールが返らなくなってしまった。彼女(ハレプ)は、とても安定したプレーをしていた」と大坂のコメントが掲載されている。

16強入りしたハレプは、第13シードのM・キーズ(アメリカ)と3回戦で対戦する。昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で準優勝を飾っているキーズは2回戦で予選勝者のD・ヴェキッチ(クロアチア)をストレートで下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:5/17(木) 15:26
tennis365.net