ここから本文です

アイドルとおばあちゃん ネットを騒がせた奈良のアイドルフェスで起こった奇跡

5/17(木) 7:05配信

BuzzFeed Japan

奈良・平城京そばにあるファッションモールで、4月28日から3日間開催されたアイドルフェス「Nara Minara idol Fes」(ミ・ナーラフェス)。「西日本最大のアイドルフェス」とうたわれたイベントは、ずさんすぎる運営で悪い意味での伝説を作った。
そんなフェスの中、感動的な話がアイドルファンの間で話題となった。主人公は「ミライスカート」の児島真理奈さんだ。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

ミ・ナーラフェスは、奈良に4月にできた商業施設「ミ・ナーラ」のオープンを記念したものだった。建てられた土地は、7世紀の人物「長屋王」が住んだ場所で、業績不振で度々店が入れ替わることから「長屋王の呪い」と地元で噂されていた。

でも、児島さんにとっては思い出の場所。この土地に2017年9月まであった「イトーヨーカドー」で、初めてステージに立った。今回、ミ・ナーラフェスのオファーが来た際には迷わず受けた。ただ、直後から悪い予感もしていた。

「イベントについて、いろいろ質問のメールを送ったんですけど返信はないし、何度も問い合わせた駐車場の申請も返信がなかったんです。タイムテーブルも1回も正式なものは送られてこず、結局フェスのTwitterにアップされたものをこちらが見に行かなければいけませんでした」

開催3日前になってもタイムテーブルが出ないことに、ファンも困惑。前日にやっとTwitterにアップされたが、テーブルは10分の1も埋まっておらず、出演時間も「18:25~15:45」と書かれるなど、完璧とは程遠いものだった。

出演を予定していたアイドルの中には、辞退するグループも出て来た。その惨状から伝説と言われた「ガールズ・ポップ・フェスティバル in 淡路島」と並ぶ”クソイベ”になると噂されたミ・ナーラフェス。児島さんの胸には不安、そして妙な高揚感があった。

あり得ないことばかりが起こった本番

フェス初日。児島さんが現場に入ると、ショッピングモール内には混沌が渦巻いていた。

「スピーカーから音が出なくて、スタッフがラジカセから音を出そうとしていて。ワイヤレスマイクで移動ありきで踊るアイドルがほとんどなのに、有線のマイクだったので、線がこんがらがるし。おまけに主催スタッフはほどいてくれへんし…」

館内放送から、なぜかステージに立つアイドルのマイクの声が流れる。ステージの一つはベニア板を引いただけの簡素なものだったために割れてしまい、関係者がライブ中、ずっと抑えなければいけなかった。

異変は舞台裏でも起こった。

アイドルたちに用意された控室はミナーラの社員食堂。店員からは「自由に使ってください」と言われたが、途中で社員からクレームが入ったのか、控室として使えるエリアは、時間を追うごとにどんどん端に追いやられ、狭くなっていった。

「東京から来たメジャーなアイドルは別室でしたが、私たちは食堂。着替える場所もないから、アイドルはファンと同じお手洗いで着替えました。最悪でした」

「物販ができると聞いていたのに、物販スペースも用意されていなくて『ミナーラの中を自分で探して、空いている場所でやってね』『3階、4階の空いた場所に机を並べて適当にやってねって』と言われて」

児島さんは初日に2回ステージがあると伝えられていたが、発表されたタイムテーブルには1ステージしかなかった。

初日はミ・ナーラフェスのメーンステージとなる「平城ステージ」。なぜか同じスペースには地元の物産展も並び、「お店の人の白い目線が痛かった」が、ステージはなんとか無事に終えた。

しかし、本来のステージは2つ。

「こんな始まる前からグチャグチャなイベントやから、突然ステージが始まるかもしれんと思って、最後まで衣装を着たまま、ずっと自分のステージを探してました」というが、結局2ステージ目はなかった。

他のアイドルたちは悲惨だった。タイムテーブルにはない音を止める時間が設けられたため、スケジュールは90分以上おした。終了時間は20時厳守だったため、トリなのに歌えず、泣くアイドルも出た。

フェス自体が「長屋王の呪い」にかかっていた。

1/3ページ

最終更新:5/17(木) 13:43
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュース特設ページ