ここから本文です

キッチンから出るゴミを減らす、5つの方法

5/17(木) 6:51配信

ELLE ONLINE

大きな取り組みも、家庭での一歩から

開封されないまま捨てられる食品から、調理されることなくゴミ箱行きになる食材まで、キッチンから出るゴミの量は想像を超える莫大な量になるという。こんな生活を続けていたら、いつか大変な問題が起きそうって思わない?

“廃棄ゼロ”というポリシーを掲げた量り売り専門のグロッサリーストア「バルクマーケット」をロンドンにオープンした、イングリッド・カルディローニさん。彼女は、いつか破たんしてしまうであろう現在の食料&ゴミ事情を“スキャンダル”と称し、徹底的にムダを省いたライフスタイルを実現させるために立ち上がった。
世界的に人口が増加し、地球温暖化の問題がますます深刻化する今、キッチンから出るゴミの量も減らすべきということは、ほとんどの人が理解しているはず。では、実際にどうやったらゴミが減らせると思う? その道のプロであるイングリッドさんに、アドバイスしてもらおう。

1. 食品は捨てずに、工夫して使い切る

たとえば食品が変色したらすぐに捨ててしまう人も多いと思うけれど、イングリッドさんによれば、少しくらい質が落ちた食料品でも使い道はいろいろあるという。

「パンは最も無駄にされている食品だと断言できます。固くなったパンはスープに加えればおいしく食べられますし、フードプロセッサーなどで砕けばステーキや野菜の衣にも使えます。茶色くなったバナナも捨てられがちですが、バナナケーキやバナナブレッドには熟して甘みが増したバナナを使うと、とてもおいしくなりますよ」。

イングリッドさんは、スーパーで手に入りやすい食材ほど簡単に捨てられがちだと指摘。でも実際はどの食料品も生産するのに大変な時間と労力がかけられているので、そのことをもっと意識すべきと話している。

2. リサイクルに気を配る

イングリッドさんによると、たとえ家庭できちんとゴミの分別を行っていたとしても、プラスチック製品の大部分はリサイクルできていないという。「公共の家庭ゴミの収集サービスは必要最低限の内容で、ごくわずかの硬質プラスチックのみが処理されるだけ。飲料用の紙パックやテトラパックをリサイクルするには、専門のリサイクルセンターに届ける必要があります。でも、これを個人で行うのは負担が大きいので、ゴミが大量に出そうな商品ははじめから買わないといった心がけが大切ですね」

1/2ページ

最終更新:5/17(木) 6:51
ELLE ONLINE