ここから本文です

総合スポーツゾーンに大谷石を使った新体育館 起工式(18-05-16)

5/17(木) 10:51配信

とちぎテレビ

県が整備を進める宇都宮市の総合スポーツゾーンの東エリアで16日、新しい体育館と屋内水泳場の起工式が行われた。県では、総合スポーツゾーンとして新スタジアムなどの整備を進めている。新体育館と屋内水泳場はほかの施設とは異なり、設計や建設などについて民間の資金などを活用する「PFI方式」がとられている。新体育館のメインアリーナは地上4階建てで、建物の一部には大谷石など県産材料が使われる。総合スポーツゾーン東エリアは2021年1月の完成を目指す。

最終更新:5/17(木) 10:51
とちぎテレビ