ここから本文です

錦織やナダルら16強出揃う、BNLイタリア国際<男子テニス>

5/17(木) 16:55配信

tennis365.net

BNLイタリア国際

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は16日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク24位の錦織圭や第1シードのR・ナダル(スペイン)らベスト16が出揃った。

【錦織vsコールシュライバー 1ポイント速報】

この日、世界ランク4位で第3シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦した錦織は、第1セットを落としたものの、第2セットは2度のブレークを守りきってセットカウント1-1に。ファイナルセットはゲームカウント2-4とリードを許す苦しい展開となったが、ここから4ゲーム連取して2時間55分の死闘に終止符を打った。

3回戦では、世界ランク28位のP・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。

5年ぶり8度目の優勝を狙うナダルは、世界ランク31位のD・ズムル(ボスニア)に1ゲームしか与えない試合を展開し、19歳で同29位のD・シャポバロフ(カナダ)との3回戦に駒を進めた。

第11シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク74位のN・バシラシヴィリ(グルジア)と対戦。1度もブレークを許さず、6-4, 6-2のストレート勝ちをおさめた。3回戦では同41位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)と顔を合わせる。

また、同日には第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードのM・チリッチ(クロアチア)、第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、第10シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、世界ランク19位のK・エドモンド(英国)、同21位のF・フォニーニ(イタリア)、同52位のB・ペール(フランス)、同65位のA・ベデネ(スロベニア)が16強入りを決めた。

tennis365.net

最終更新:5/17(木) 16:55
tennis365.net