ここから本文です

今季の主要6アワードの最終候補が発表、MVPはハーデン、レブロン、ADに絞られる

5/17(木) 17:58配信

バスケットボールキング

 5月17日(現地時間16日)、NBAは「2018 NBAアワーズ」の主要6項目における最終候補を発表した。

 6月26日(同25日)にバーカー・ハンガー(カリフォルニア州サンタモニカ)で開催されるNBAアワーズでは、2017-18シーズンの年間最優秀選手賞、年間最優秀新人賞、年間最優秀シックスマン賞、年間最優秀ディフェンシブ・プレーヤー賞、年間最優秀躍進選手賞、年間最優秀ヘッドコーチ賞の受賞者が発表される。

 ここでは、スポーツライター、放送関係者の投票で決まった各賞の最終候補を見ていこう。
※成績は17-18レギュラーシーズンのもの

■年間最優秀選手賞(Most Valuable Player)
アンソニー・デイビス(ニューオリンズ・ペリカンズ)
ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)
レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)

リーグベストの成績を残したロケッツの大黒柱ハーデンが濃厚

 平均28.1得点11.1リバウンド1.5スティール2.6ブロックをマークしたADことアンソニー・デイビス、平均27.5得点8.6リバウンド9.1アシスト1.4スティールを挙げたレブロンは、個人成績として申し分ないレベルのパフォーマンスだった。しかし、ハーデンこそが最有力候補だろう。リーグベストのシーズン65勝を挙げたチームでリーグトップとなる平均30.4得点に加え、5.4リバウンド8.8アシスト1.8スティールを残している。

■年間最優秀新人賞(Rookie of the Year)
ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)
ベン・シモンズ(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)
ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)

ミッチェルとシモンズによる一騎打ち、同時受賞もあるか?

 プレーオフで7試合連続20得点以上を挙げたテイタムだが、シーズン中のパフォーマンスで評価されるため、ここはミッチェルとシモンズの一騎打ちとなるだろう。どちらも所属チームをプレーオフへと導き、ミッチェルはエースとして、シモンズは司令塔として早くも所属チームの重要人物となった。同時受賞も考えられる中、あえてどちらか1人を選ぶとすれば、シモンズか。アウトサイドシュートがほぼないにもかかわらず、華やかなアシストと豪快なフィニッシュで注目を浴び、トリプルダブルの回数(12回)でリーグ3位に入ったからだ。

■年間最優秀シックスマン賞(Sixth Man Award)
エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ)
フレッド・バンブリート(トロント・ラプターズ)
ルー・ウィリアムズ(ロサンゼルス・クリッパーズ)

1/3ページ