ここから本文です

今季の主要6アワードの最終候補が発表、MVPはハーデン、レブロン、ADに絞られる

5/17(木) 17:58配信

バスケットボールキング

ケガ人続出の中、昨季以上の成績を残したスティーブンズHCが優勢か

 ラプターズをイーストトップの59勝へと導いたケイシーHC、イースト2位の55勝を挙げたセルティックスのスティーブンズHC、そしてジャズを48勝させてプレーオフ進出に導いたスナイダーHC。ラプターズは戦術の変更とベンチメンバーの成長が大きい点を考慮すると、ケガ人が多い中で昨季(53勝)以上の勝ち星を残したスティーブンズHC、下馬評が低かった中で勝てるチームを構築したスナイダーHCに分があるかもしれない。ただし、シーズン50勝未満でCOYに選出された指揮官は直近で07年のサム・ミッチェルHC(当時ラプターズ)しかいないことから、スティーブンズHCが優勢と予想。

 なお、「2018 NBAアワーズ」では、最優秀エグゼクティブ賞、トワイマン・ストークス・チームメート賞、スポーツマンシップ賞、NBA Caresコミュニティアシスト賞、ファン投票によって決まる年間最優秀選手賞も発表される予定となっている。

BASKETBALL KING

3/3ページ