ここから本文です

国内販売は16台。『ロータス・エキシージ』に創業70周年を記念した限定モデル登場

5/17(木) 17:51配信

オートスポーツweb

 ロータスの正規販売・輸入総代理店であるエルシーアイは5月17日、ロータスカーズが2018年に創業70周年となるのを記念したアニバーサリーモデル『ロータス・エキシージ 70thアニバーサリーエディション』を限定販売すると発表した。

【写真】ロータス・エキシージ 70thアニバーサリーエディション

 創業者のコーリン・チャップマンが同社初の四輪車を製造してから今年で70年。ヨーロッパではこれを記念した特別車としてすでにエキシージ 70thアニバーサリーエディションが25台限定で発売されたが、今回、日本でも同モデルの限定発売が決定した。

 ロータスのデザイン哲学である「より軽く、より速く」を体現するクルマとして、高パフォーマンスと優れた操縦性を持つ『エキシージ スポーツ350』をベースとする同モデルは、1125kgという軽量ボディに最高出力350PS、最大トルク400Nmを発揮する3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載。その動力性能は0-100km/h加速タイムで3.9秒をマークする。

 特別装備では、スポーティなレッドペイントストライプのほか、Lotus 70ビルドプレート&ステッカー、ダブルステッチ・アルカンタラ・インテリア、ファントムブラック・フロントアクセスパネル、2ピースハイパフォーマンスブレーキディスクなどが備わり、アニバーサリーモデルに恥じない充実のパッケージとなっている。

 カラーリングのラインアップは全4色が用意されているが、モナコホワイト7台、エンピアグリーン2台、ダークメタリックグレー2台、エセックスブルー5台というように割当台数が決定済みだ。

 合計16台の国内限定発売となる『エキシージ 70thアニバーサリーエディション』の車両価格は1058万4000円(税込)。デリバリー時期は2018年7月を予定しているという。

[オートスポーツweb ]