ここから本文です

“バケモン”“ヤバイ”興國のスーパールーキー、FW樺山諒乃介。目指すは代表入りと「大迫超え」

5/17(木) 21:00配信

ゲキサカ

 来季からのレノファ山口加入内定が決まった左SB起海斗(3年)が「バケモンです。あんな選手、見たことないです」と語り、J注目の快足アタッカー・10番FW村田透馬(3年)は「(中学時代の彼の)動画を見た時に、興國の中でも『ヤバイ』みたいになっていた」と明かす。

 今年、FW大垣勇樹(現名古屋)、MF西村恭史(現清水)、FW島津頼盛(現金沢)と3選手をJリーグに送り出した“育成の興國高”の逸材たちが認めるスーパールーキー。入学からまだ1か月強のFW樺山諒乃介(1年)について、賛辞ばかりが聞こえてくる。

 大阪の強豪、RIP ACE時代にクラブユース選手権関西大会でMIPに選出されるなど注目されていたエースは、高円宮杯プレミアリーグのJクラブユースや高体連の強豪などが争奪戦を繰り広げた末、大阪の新鋭・興國で3年間プレーすることを決めた。「Jは環境良いんですけれども、僕自身、高校サッカーがテレビで見ていて格好良くて、元々性格が目立ちたがり屋なので、一発(高校サッカーで上を)目指したいのとプロになりたいと思って決めました」。他にも理由がある。まず一つめは同じ中学校出身の村田の存在だ。

 所属していたクラブチームは違ったものの、中学時代、村田とは一緒に遊んだり、軽くボールを蹴る機会もあった先輩なのだという。その村田は興國の2年間で飛躍的成長。「俺が中3になった時に(村田)透馬くんを見たら化けていて、足速かったくらいの人がここまでドリブル上手くなっていた。興國を選んだ理由は透馬くんの存在が大きかった」と説明する。

 また興國の、常に判断力を求められるサッカーにも刺激を受けた。そのドリブルスキルの高さ、左右両足から放つキック、シュート、スピードに対する評価も高い樺山だが、飛び抜けた身体能力がある訳ではない。それだけに「技術とかサッカーIQで勝っていくスタイルが良かった」という樺山は現在、興國で徹底的に“魅せる”プレーと個人戦術を磨いている。

 入学直前の春休み、Aチームに帯同して行った鹿児島遠征では選手権16強の神村学園高(鹿児島)相手にスーパーミドルでゴール。先輩たちをまた驚かせたFWは、4月のインターハイ予選初戦でも先輩たちを押しのけて先発出場し、2ゴール1アシストを記録している。

「ネイマールとか、ロナウジーニョとか、ブラジル人のサッカーが格好いい。魅せて、自分も楽しみつつ、周りも楽しませて、会場を沸かせる。何よりも自分、目立ちたがりなので目立って『格好いい』とか、『凄い』と言われたい。それを言われた時は調子いいし、そのあとのプレーも良いんです」。注目ルーキーは観衆から「格好いい」、「凄い」と常に言われる選手を目指す。

 インターハイ予選は雨中の6回戦(13日)で関西大北陽高にPK戦で敗戦。延長戦を含めてフル出場した樺山はテクニックとスピードを発揮し、チャンス、決定機を作り出したというが、夏の全国出場を果たすことはできなかった。それでも内野智章監督が「あのピッチコンディション、あの緊張感の中で1年とは思えないドリブルや発想は強烈でした。間違いなく1年生としては興國史上最高です」と絶賛する選手は、悔しさを糧に成長を遂げる。課題の運動量をより増やし、シュート精度向上にもこだわってどんな試合でも結果を残す。

 現在の目標は年代別の日本代表入り。「めっちゃ入りたいです。外国人とか、自分よりもめっちゃ能力高いやつとやって、抜けて成功体験を重ねたい」。経験したことのないような高いレベルで揉まれながら、より成長を加速させたいという思いがある。

 インターハイ予選で敗退したことで、代表入りへのアピールをする機会は限られてしまった。だが、国体選抜などで評価を上げ、今年代表入りの目標を達成すること。そして、高校サッカーで「目立つ」ためにも、冬の選手権には必ず出場しなければならない。「大迫(勇也)選手が10点(首都圏開催移行後の得点記録)。全国出たら、あれを超えたい。自分はネイマールとかブラジルの選手に憧れていて、観客を沸かせるサッカーが好き。見せつつも、大迫選手を超えるように」と語る樺山。出鼻をくじかれたが、ここから上へ登り続けて必ず高校サッカー界を驚かす存在になる。

最終更新:5/17(木) 21:00
ゲキサカ