ここから本文です

マイクロソフト、「iPad」対抗の低価格「Surface」タブレットを計画か

5/17(木) 7:44配信

CNET Japan

 Microsoftが、「Surface」タブレットの低価格シリーズを発売する計画だと報じられている。発売されれば、これまでよりも効果的にAppleの「iPad」に対抗できる可能性がある。

 Microsoftは、現行版よりも小型で低価格のSurfaceタブレットを、早ければ2018年下半期にも発売する可能性があるという。Bloombergが、事情をよく知る情報筋らの話として報じた。

 10インチ画面を搭載するこの端末は、12インチの「Surface Pro」よりも小さく、20%軽量だという。現行版のSurfaceは四隅が角張っているが、このタブレットは四隅が丸くなってiPadに近づき、ソフトな外観に仕上がるとしている。またUSB-Cポートを搭載し、価格はおよそ400ドル(約4万4000円)だという。

 小型のSurfaceタブレットによってMicrosoftは、Appleが3月にシカゴで開いた教育市場向けイベントで発表した「iPad」に対する競争力を強化できる可能性がある。

 Microsoftにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:5/17(木) 7:44
CNET Japan