ここから本文です

広島県警 中央署多額窃盗事件解決に全力尽くす決意

5/18(金) 12:05配信

テレビ新広島

広島ニュースTSS

広島県議会の警察商工労働委員会で、広島県警は広島中央警察署の多額窃盗事件について、解決に向け全力を尽くす決意を示しました。

委員会では県警の住田克俊刑事部長が、先月、愛媛県の刑務所施設を脱走した受刑者が尾道市の向島で逃走を続けていた事件について捜査の協力に対し感謝の意を示しました。
これに関連し、議員からは、先月30日、尾道市の向島から70キロ離れた広島市で逮捕されたことについてどのようにとらえているか質問がありました。
【県警・住田克俊刑事部長】
「向島と本州の捜索を並行して行うとともに、県下全警察署に対して不審者情報への迅速、的確な対応を指示していた。110番通報に際しても、素早い対応ができ逮捕に至ることができました」

また、広島中央警察署の高額窃盗事件について、1年が経過し事件が解決していないことについて、改めて1日も早い検挙を目指し全力を尽くすと決意を述べました。
【県警・住田克俊刑事部長】
「大量の資料や情報を分析するとともに、防犯カメラ映像の詳細な解析や関係者からの更なる聞き取りを行うなど、あらゆる可能性を視野に捜査を進めているところです」

広島ニュースTSS

最終更新:5/18(金) 12:05
テレビ新広島