ここから本文です

米コンテンポラリー・ジャズ界の新星、スピリット・フィンガーズが最新MVを公開

5/18(金) 17:02配信

CDジャーナル

 クインシー・ジョーンズから絶賛されたピアニスト、グレッグ・スピーロ、“ジャコ・パストリアスの再来”といわれ、ジョン・マクラフリンのグループで活躍した仏パリ出身のベーシスト、アドリアン・フェローらによって結成された実力派コンテンポラリー・ジャズ・グループ、スピリット・フィンガーズ(Spirit Fingers)が、今年3月にリリースしたデビュー・アルバム『スピリット・フィンガーズ』(AGIP-3614 2,200円 + 税)より収録曲「Maps」の最新ライヴ映像をYouTubeにて公開。

 スピリット・フィンガーズは、スピーロとフェローのほか、スタンリー・クラークやクリスチャン・マクブライドのバンドに抜擢され、Blaque Dynamite名義でも活動するドラマーのマイク・ミッチェル、イタリア人ギタリストのダリオ・キャッゾリーノからなる4人組バンド。リターン・トゥ・フォーエヴァーや、ウェザー・リポート、マハヴィシュヌ・オーケストラを想起させる高度なテクニックを駆使したアンサンブルで、コンテンポラリー・ジャズ / フュージョン・ファンの注目を浴びています。

 最新MV「Maps」はロサンゼルスで行なわれたライヴの映像。10分以上におよぶ演奏が繰り広げられ、各メンバーの超絶テクと息の合ったサウンドが堪能できる映像となっています。

最終更新:5/18(金) 17:02
CDジャーナル