ここから本文です

<観光イベント>反射炉背に薪狂言 人間国宝・野村万作さんら―伊豆の国プレDC

5/18(金) 13:17配信

伊豆新聞

 大型観光宣伝「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」の事前イベント「プレDC」の伊豆の国市特別企画「狂言の華・薪狂言」が16日夜、世界遺産・韮山反射炉で行われた。ライトアップされた反射炉をバックに、人間国宝の野村万作さんらが特設舞台でユーモラスな演技を披露し、来場した市民ら約500人を楽しませた。

 演目は「蝸牛(かぎゅう)」と「棒縛(ぼうしばり)」で、野村さんは蝸牛で太郎冠者を演じた。主人の命で長寿の薬になるという蝸牛(カタツムリ)を取りに来た太郎冠者を、山伏が蝸牛になりすましてからかう話。太郎冠者と山伏の滑稽なやりとりに観客から笑いが起こった。

 静岡DC伊豆の国市実行委員会、市が主催した。全体的に竹を独創的に組み入れた舞台の装飾は、華道家で草月流第4代家元の勅使河原茜さんが手掛けた。

 公演に先立ち、小野登志子市長は「野村万作さんの狂言の世界に浸りながら、いま一度伊豆の国の素晴らしさ、歴史、文化、伝統を考えてもらえればうれしい」とあいさつした。

 【写説】韮山反射炉をバックに演じる野村さん(左)ら=伊豆の国市

最終更新:5/18(金) 13:17
伊豆新聞