ここから本文です

西鉄電車のドア 開いた幅65センチだった 乗客の投稿動画で判明 金具も外れる 福岡県

5/18(金) 12:10配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

西鉄大牟田線で電車のドアが開いたまま走行した問題で、ドアの金具が外れていたことが新たに分かりました。

今月15日、西鉄大牟田線で上りの普通電車のドアがおよそ40センチ開いたまま、春日原駅から雑餉隈駅まで、およそ1・5キロ走行しました。

西鉄が調べたところ、このドアの上にある開閉装置と扉をつなぐ金具が外れていたことが新たに分かりました。

さらに西鉄は春日原駅の手前の白木原駅からの区間でも、同じドアの片側1枚分、およそ65センチが開いたまま走行していたことを17日、明らかにしています。

インターネットの画像投稿サイトで乗客が撮影した動画を、西鉄の社員が確認したということです。

国の運輸安全委員会は、今回の問題は事故につながりかねない重大インシデントにあたるとして、調査官を派遣するなど詳しく調べています。

テレビ西日本

最終更新:5/18(金) 18:28
TNCテレビ西日本