ここから本文です

なじみの客だが「いつもと違う」出金理由尋ね詐欺被害防ぐ

5/18(金) 8:30配信

神戸新聞NEXT

 機転を利かせて特殊詐欺を防いだとして兵庫県警垂水署はこのほど、日新信用金庫舞子支店(垂水区)に署長感謝状を贈った。

 同署によると、3月21日に同店で女性(78)が約500万円を下ろそうとした。女性は電話で、息子を名乗る男から出金を依頼されていた。

 窓口係の植村佳代さん(43)が出金の理由を尋ねたところ、女性の説明が二転三転したため、詐欺の可能性が高いと判断。「なじみのお客さんで、いつもと様子が違うので不審に思った」と振り返る。

 植村さんはいったん出金を断り、詐欺でないか確認してもらうことに。その後、再び女性に男から電話があり、会話の内容から息子と違うと気付いたという。

 感謝状を受け取った同支店の荒木洋介支店長(41)は「今後も注意して業務に当たりたい」と話した。(唯)

最終更新:5/18(金) 8:45
神戸新聞NEXT