ここから本文です

Amazonが『ゲット・アウト』のジョーダン・ピールによるナチス・ハンターの新作ドラマを製作!

5/18(金) 10:05配信

IGN JAPAN

『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督が、Amazonでナチスを追い詰めるドラマシリーズに取り掛かっているという。
Amazonは、10話構成となるシリーズ『The Hunt(原題)』をパイロット版の製作なしに発注し、1977年のニューヨークに住む多様なナチス・ハンターグループを描く作品になるとのこと。何百人ものナチス高官が、米国で密に第四帝国(ナチス政権下のドイツは第三帝国)を作り上げようとしていると知り、ハンターたちがナチスを追い詰めていく、というストーリーになる。
オリジナルの原案をもとにしたシリーズで、クリエイターのデヴィッド・ヴェイル(『Moonfall(原題)』)が脚本を手掛け、ピールとともに製作総指揮も兼任。トム・レジンスキーとジェナ・サントイアニ(『ミスター・メルセデス』)、ウィン・ローゼンフェルド(『Dark Net(原題)』)も製作総指揮に名を連ねている。


「最初にデヴィッド・ヴェイルから『The Hunt』について聞いた時、やるべきプロジェクトだとすぐに分かった。カルタシス的なノワールだし、怖いぐらい的を得た題材だ。まさに我々がテレビで見たいと思うような作品だよ」と語ったピール。
Amazonスタジオが世界的に独占権を持つ『The Hunt』は、200カ国以上の国とAmazonプライムサービスが使用できる地域で配信される予定だ。シリーズの配信開始日は未定。
Amazonが製作するドラマ版『ロード・オブ・ザ・リング』は、若きアラゴンの冒険が描かれるのではないかと報じられている。

Alex Gilyadov

最終更新:5/18(金) 10:05
IGN JAPAN