ここから本文です

本田、岡崎、香川ら西野ジャパン27戦士発表!

5/18(金) 17:46配信

チケットぴあ

5月18日、『キリンチャレンジカップ2018』に臨む日本代表メンバーが発表された。西野朗監督は「基本的にこの27名の中から23名を選ぶという考え。ガーナ戦が『ロシアW杯』への第一歩となるのは間違いない」と語った。

27名の日本代表メンバーは以下の通り。
【GK】川島永嗣(メス)、東口順昭(G大阪)、中村航輔(柏)
【DF】長友佑都(ガラタサライ)、槙野智章(浦和)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガー)、昌子源(鹿島)、遠藤航(浦和)、植田直通(鹿島)
【MF】長谷部誠(フランクフルト)、青山敏弘(広島)、本田圭佑(パチューカ)、乾貴士(エイバル)、香川真司(ドルトムント)、山口蛍(C大阪)、原口元気(デュッセルドルフ)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、柴崎岳(ヘタフェ)、大島僚太(川崎F)、三竿健斗(鹿島)、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)
【FW】岡崎慎司(レスター)、大迫勇也(ブレーメン)、武藤嘉紀(マインツ)、浅野拓磨(シュツットガルト)

西野監督はこれまで日本代表を支えてきた岡崎、本田、香川について次のように言及した。

「(岡崎について)今はケガ持ちだが、替えの利かない選手。ただ運動量が多いだけではなく、チームに欠かせない選手。1か月あれば、彼は間違いなくトップフォームに持っていけると思い選出した。香川については本当にデリケートに考えないといけない。3か月やれていない中での招集。今回のキャンプで彼の状態を確認したい。本田は中南米でできていることを代表で見せることができるかチェックしたい」

3年2か月ぶり招集となった青山についてはこう評価した。

「今の広島のチーム事情を彼が作っていると言っても過言ではない。広島の主将であり、象徴する選手であり、チームの精神的支柱。代表からは遠ざかっているが、過去の実績、経験値を高く評価している。間違いなく最高のパフォーマンスをしている選手のひとり」

また、久保裕也(ヘント)と中島翔哉(ポルティモネンセ)の不選出についてはこのように説明した。

「久保に関してはクラブでプレーオフというシビアな日程が今週決定する。クラブに影響を与えるような形でリストを出したくなかった。もちろん戦力として考えているし、追加招集も考えている。中島はポルトガルで結果を出した。ただ、ポリバレントではなかった。代表の中でこのポジションが一番膨らんでいる。バランスを考え今回選出しなかった」

『キリンチャレンジカップ2018』日本代表×ガーナ代表は5月30日(水)・日産スタジアムにてキックオフ。西野ジャパンの船出をしっかりと見届けたい。チケット発売中。

最終更新:5/18(金) 17:46
チケットぴあ