ここから本文です

PSG、ユーヴェ退団のブッフォンに2年契約オファーか…決断は10日後に?

5/18(金) 12:11配信

GOAL

40歳のGKジャンルイジ・ブッフォンは17日、今シーズン限りでユヴェントスを退団することを発表したが、早くもパリ・サンジェルマンが獲得に興味を示している。『Goal』の取材により明らかになった。

【美女W杯開催中】カワイイ日本代表も!出場32カ国の女神たち/32枚

シーズン終了後、ブッフォンが17年間所属したユヴェントスを退団することから、PSGは獲得に向けて具体的な行動へと動き出した。今シーズン、PSGのロッカールーム内は不和が絶えず、“火薬庫”となりつつあったという。そこで、選手たちを穏やかにまとめ上げることのできるベテランGKの獲得を検討。ユーヴェ退団を発表した40歳のイタリア人GKに白羽の矢を立てたようだ。

『ル・パリジャン』によれば、PSGは来シーズンの正GKを探しており、ユーヴェ守護神に対し、2年契約のオファーを提示したとみられる。すでに今シーズンのリーグ優勝を決め、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保している。輝かしいキャリアを誇るブッフォンだが、CLでは3度にわたり準優勝に終わっており、同タイトル獲得を渇望するユーヴェGKにとって新たなモチベーションとなり得ると見られている。

■ブッフォン代理人が複数オファーを明かす

だが現段階において、ブッフォンが退団とともに引退を迎えるのか、それとも現役続行を目指すのかを明らかになっていない。代理人のシルヴァーノ・マルティーナ氏は『ラディオ・スポルティーヴァ』のインタビューにおいて、ブッフォンへ複数のオファーが届いていることを明かし、GKとしての獲得オファーのほか、幹部としてのオファーもあることを説明している。

「彼の興味を引くものだが、まだ考えを決めていない。選手としてだけでなく、引退後の役職など多くのオファーが届いている。10日ほど時間をとって検討するのが良いだろう」

なお引退の場合、ユヴェントスやイタリア代表、もしくはFIFAのスタッフ入りが濃厚と見られている。今後の動向は注目されるところだ。

GOAL

最終更新:5/18(金) 12:11
GOAL