ここから本文です

マーリンズ・田沢が戦力外に 13年には世界一に貢献

5/18(金) 11:41配信

東スポWeb

 マーリンズは17日(日本時間18日)、田沢純一投手(31)との契約を解除したと発表した。

 今季は22試合に登板して1勝1敗、防御率9・00と不調続きだった。

 田沢は広報を通じて「私はマーリンズの決定を理解しています。そして、これは自分の状況を変えるにはいいことになるでしょうし、マーリンズの前進にもなるでしょう。マーリンズにはこのような機会を与えていただき感謝しています。ここでプレーすることは終わりますが、私の状態は良いだけにフラストレーションがあります。この変化により、(メジャーのマウンドに)戻って来られたらと思っています」と声明を発表した。

 2009年にレッドソックスでメジャーデビューを果たした田沢は13年に救援陣の中心としてワールドシリーズ制覇に貢献。昨季、マーリンズと2年総額1200万ドル(約13億3000万円)の契約を結んだ。契約最終年の今季年俸は700万ドル(約7億8000万円)。今後はウェーバーにかけられ、残った日割り分の517万ドル(約5億7000万円)を負担してくれる他球団が1週間以内に現れればトレード成立となる。移籍先が決まらなければ、マイナーでプレーすることになるとみられる。

 メジャー通算は379試合で21勝26敗4セーブ、防御率4・16。

最終更新:5/18(金) 13:06
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(月) 15:25