ここから本文です

コメダのシロノワールかき氷になる 夏限定シロノワールも登場

5/18(金) 12:00配信

アスキー

コメダ珈琲店の名物、シロノワールがかき氷に。夏の新作もあるよ。

【もっと写真を見る】

「シロノワール氷」
コメダ珈琲店
4月23日から順次発売
720円(一部店舗で価格が異なる場合あり)
http://www.komeda.co.jp/
 
シロノワールの味わいをかき氷で再現
本記事はコメダ珈琲店の試食会レポート「コメダ『飲むコーヒーゼリー』ジェリコ新作がウマい!」の続きです。あわせてお読みください。
 
 コメダ珈琲店の新商品試食会レポート、後編。かき氷の新作は、あたたかいデニッシュに冷たいソフトクリームをのせた看板メニュー「シロノワール」を再現した「シロノワール氷」。価格は720円(一部店舗で価格が異なる場合あり)。4月23日から順次発売しているが、各店の販売状況の詳細については、店舗まで直接問い合わせてほしいとのこと。
 
 シロノワールの味わいを再現するべく、デニッシュの雰囲気を演出するために、シロップにはメープルだけでなくバターの風味も加えている。バターそのものを入れると冷えて固まってしまうので、そのものではなく、風味を入れているわけだ。
 
 作り方にも工夫がある。まず氷を半分ほど器に入れたあと、一度シロップをかけて、さらにその上に氷をのせてからシロップをかける。この手順を踏むことで、シロノワール風味がしっかり楽しめるようになっているのだそう。
 
 実際に食べてみると、さすがにデニッシュとかき氷では食感がだいぶ違うものの、意外なほど後味は「シロノワールっぽい」と思える。単にメープル入りのシロップを入れるだけではなく、バターの風味を入れたことが功を奏しているのだろう。氷はおよそ200g、ソフトクリームの量はだいたい100g以上ということで、300g超えのサイズ感はいかにもコメダ珈琲店らしい。
 
 シロノワールと同じく、注文するとシロップが付いてくる。ちょっとややこしいが、これは氷にかけられているものとは違い、「通常のシロノワールに付いてくるシロップ」と同じもの。少し味が薄いと感じたら、どんどんかけてみよう。
 
 ちなみに、2018年かき氷の新商品としては、「カフェオレ氷」「マンゴー氷」も4月23日から順次発売されている(いずれも630円)。こちらは試食がなかったので味の感想は書けないが、どちらもコメダらしいボリュームがあり、食べごたえがありそうだと感じた。
 
 さてさて、次ページではお待ちかね、コメダ名物のシロノワール新作を紹介しよう。
 
「シロノワール 爽夏(さやか)」
コメダ珈琲店
6月1日から順次発売
800円、ミニサイズ550円(一部店舗で価格が異なる場合あり)
http://www.komeda.co.jp/
 
マンゴーとヨーグルトですっきりした甘さが◎
 夏限定のシロノワールは、果肉の入ったマンゴーソースとヨーグルトクリームを使った「シロノワール爽夏(さやか)」だ。6月1日から発売され、価格は800円、ミニサイズは550円(一部店舗で価格が異なる場合あり)。
 
 試食会の説明によると、コメダ珈琲店でも、暑い時期はケーキ類などのデザートの売れ行きが鈍るのだという。もちろん、ガクッと落ち込むわけではなく、あくまでも相対的に……ということだが、それを見越して、夏の限定メニューはさっぱりした味に仕上げる必要があると考えたそう。
 
 その結果、マンゴーと甘すぎないヨーグルトクリームの組み合わせに行き着いたのだとか。確かに、記者がこれを食べたときはジェリコ2杯とかき氷1杯を食べたあとだったにもかかわらず(出されたものをすべて食べきらないといけない……などということはないです、念のため)、スッと食べきれた。
 
 やはり、決め手はヨーグルトソースだと思う。ソフトクリームとマンゴーという甘さに、ほのかな酸味が足されることで、くどさとは無縁になり食べやすい。マンゴーのフルーティーな香りとデニッシュの相性もよく、いかにも夏向きのシロノワールになっている。
 
 ところで、この試食会では季節限定のシロノワールについても興味深い話があった。コメダ珈琲店の看板メニューだけあり、シロノワールの派生メニューを作ることについては、社内でも「どうだろうか……」と慎重論もあったようだ。今年で創業50週年を迎えるコメダにも、「伝統か、革新か」という葛藤があったのかもしれない。
 
 それでも限定シロノワールの好評を受けて、これからはおおよそ1ヵ月半ほどのペースで新作を出したいとのこと。7月にも新メニューの発売を予定しているそう。また、「デニッシュの中に何かを練り込んだりするというアイデアもある」とのことで、今後のシロノワールの進化にも期待が持てそうだ。まずは6月にデビューするシロノワール爽夏をチェックしてみてほしい。
 
モーダル小嶋
 
1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。ショートコラム「MCコジマのカルチャー編集後記」ASCII倶楽部で好評連載中!
 
人気の記事:「松屋『ごろごろ煮込みチキンカレー』との長いお別れ」「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」「デザインも機能もさりげない ハイブリッドスマートウォッチに惚れた」
 
 
■「アスキーグルメ」やってます
 
 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!
 
文● モーダル小嶋/ASCII

最終更新:5/18(金) 12:49
アスキー