ここから本文です

”FEとF1は大きく異なる”と語るオリバー・ターベイ「経験のあるマッサがどう戦うか楽しみ」

5/18(金) 16:59配信

motorsport.com 日本版

 NIOのオリバー・ターベイは、来シーズンからフォーミュラEにフル参戦するフェリペ・マッサは課題に直面することになり、彼の経験でもってどのように戦っていくのか楽しみだと述べた。

 火曜日、マッサはヴェンチュリと3年契約を締結し、シーズン5(2018/19年)よりフォーミュラEに参戦することを発表した。2017年限りでF1を引退して以降、彼が他のカテゴリーにフル参戦を果たすのはこれが初めてのこととなる。

 ターベイはマクラーレンF1チームのテスト/開発ドライバーも務めており、スペインGP後に行われたF1のインシーズンテストに参加した。そこで彼は、マッサはF1での経験をフォーミュラEに適応させるという課題に直面することになるだろうと指摘した。

「大きく異なるフォーミュラのレースだ。マシンのフィーリングは、F1とフォーミュラEとではかなり異なる」

「違うマシンをドライブするというのは良いことだ。もしそれができれば、自分はひとりのドライバーとして、もっと成長できる。だけど、彼は間違いなくフォーミュラEで課題に直面するだろう」

「彼の経験でもって、どうやってうまくやっていくのか楽しみだ」

「来年は新しいマシンが導入されるから、全員にとってリセットだ。それに、彼のような力量と経験を持った人が入ってくるというのは素晴らしいことだ。僕は彼とレースをすることを楽しみにしている」

 シーズン1(2014/2015年)の最終戦ロンドンePrixでフォーミュEにデビューしたターベイは、そのレースの予選は7番手で、決勝では9位に入賞した。彼は、フォーミュラEにはレベルの高いドライバーが揃っており、マッサは非常に競争力のあるカテゴリーに足を踏み入れることになると語った。

「こんなに分かりやすい状況になるなんて、予想していなかった」

「僕は上位で戦うこともできた。もうすぐ4シーズン目が終わるけど、ドライバーは大いに経験を積んでいる。今や本当に手強い。彼もここが厳しいカテゴリーだということがわかるだろう」

Alex Kalinauckas

Yahoo!ニュースからのお知らせ