ここから本文です

渡辺謙、南果歩が離婚 不倫報道で生じた亀裂、修復ならず…電撃婚から13年で終止

5/18(金) 5:59配信

デイリースポーツ

 俳優・渡辺謙(58)と女優・南果歩(54)が離婚したことを17日、発表した。芸能界屈指のおしどり夫婦とみられていたが、昨年3月に渡辺が不倫を報じられたことで、関係に亀裂。渡辺は国内での仕事期間中にも、南と暮らしていた都内の自宅には戻らず、軽井沢の別荘を拠点としていた。結婚から13年での離婚は、渡辺の不貞が原因であることは明白だが、慰謝料について所属事務所は「把握しておりません」とした。

【写真】公の場での最後のツーショット

 2005年12月、米ニューヨークのレッドカーペットにそろって登場し、前代未聞のスタイルで電撃婚を華やかに発表した2人。渡辺の背信行為から冷え込んだ夫婦関係は、結婚13年目でピリオドが打たれた。

 渡辺の所属事務所は、ファクスで「女優・南果歩さんと渡辺の間で離婚が成立しましたことをご報告申し上げます」と説明。渡辺は主演舞台「王様と私」のロンドン公演のため、今月中に渡英するが、離婚について会見を開く予定は現状ないという。

 ファクス送信から20分後には、南がツイッターで心境を告白。「この度、離婚という形に到りましたことをご報告申し上げます。出会いから16年、様々なことを学びました。そしてこの1年は、自身の生き方を見つめ直す時間を与えられました。これからは曇りのない笑顔で、私らしく歩んで参りたいと思います」と偽らざる胸の内をつづった。

 昨年3月、20歳下のジュエリーデザイナー女性との不倫疑惑を報じられた渡辺は、南ががん闘病中に、米国や日本国内で密会していたことが取りざたされた。不倫報道から4カ月後の同年7月、南は騒動後初の公の場となった主演ドラマの会見で、「心身ともに疲れて」と意味深長に発言していた。

 南から遅れること11日、渡辺も会見を行って「妻には本当に悲しい思いをさせて、申し訳なく思っております」と頭を下げて謝罪。夫婦関係の継続へ「そうあったらいいなと思っています」と望みをつないでいたが、思いはかなわず、渡辺と南は共にバツ2となった。