ここから本文です

泥にまみれ、楽しく田植え 高萩で園児ら

5/18(金) 11:00配信

茨城新聞クロスアイ

北茨城市中郷町の中郷保育園(渡辺操園長)の年長組20人が15日、高萩市秋山の水田で田植えを体験した。ほとんどの園児が初体験で、泥に足を取られながらも一生懸命に作業に取り組んだ。

同所の農業、下山田幸さん(64)の協力で毎年実施している。「苗を3本ぐらいずつグッと植えてください」と田植えの仕方を教わった園児たちは、2班に分かれてはだしで田んぼに入り、交代でもち米の苗を植えていった。

大森凛采(りりあ)ちゃん(5)は「植えるのがちょっと難しかったけど楽しかった。またやってみたい」と笑顔を見せた。下山田さんは「子どもたちの田植えで元気がもらえる。大人になっても足の裏の感触を覚えていてもらえるとうれしい」と話した。

同園では秋の刈り取り作業体験や12月に餅つきを予定している。

茨城新聞社