ここから本文です

『レインボーシックス シージ』が無料でプレイできるフリーウィークエンドが5月21日まで開催中

5/18(金) 15:05配信

IGN JAPAN

『レインボーシックス シージ』が無料でプレイできるフリーウィークエンドが5月21日まで開催中

タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』が2018年5月21日までフリーウィークエンドとなっていて、期間中は無料でプレイできる。プレイするには、PS4/Xbox One/PC(Steam)などの各ストアページからクライアントをダウンロードすればOKだ。

「Tom Clancy's Rainbow Six Siege」画像・動画ギャラリー

また、各プラットフォームの製品版もフリーウィークエンドの間にセールとなっている。たとえば、『レインボーシックス シージ アドバンスエディション』のPS4版は30%オフで4536円(税込)だ。セールの詳細は各プラットフォームのストアページをチェックしてほしい。
なお、フリーウィークエンドの終了時刻は以下のように各プラットフォームによって細かく異なっているので注意しておこう。

PS4版 5月21日22:00まで
Xbox One版 5月21日16:00まで
PC版 5月21日5:00まで


ちなみに、フリーウィークエンドでのゲームデータは製品版にも引き継ぐことが可能だ。そのほかのフリーウィークエンドについての詳細は、公式のフリーウィークエンド特設サイト(英語)も参照してほしい。


『レインボーシックス シージ』は5対5で攻撃側、防衛側に分かれて戦うリアル志向なタクティカルFPS。攻撃側、防衛側では使用できるオペレーター(キャラクター)が異なっており、それぞれのオペレーターは個性的なガジェットなどを使えるのが特徴だ。ゲームは室内戦(軍事用語でいうところのCQB、近接戦闘)がテーマとなっており、壁の破壊や壁の強化などといった戦略的な要素がある。3年目(Year 3)を迎えたが、まだまだアップデートが続く注目タイトルだ。
ゲームのダメージバランスはリアル志向で、弾が当たればすぐに死んでしまう。しかし、1ラウンドの時間は短く、思いのほか手軽に遊べるゲームとなっているので「リアル系は苦手だなぁ」と今まで感じていた人もフリーウィークエンドでプレイしてみてほしい。対戦が苦手な人でも、テロリストハントという協力プレイモードも存在するので安心だ。


本作にさまざまなエディションが存在するが、各エディションの特典についてはUbisoft Storeの本作のページがわかりやすいのでそちらを見よう。こちらからPC版の購入も可能だが、Steamキーが付いてくる類のものではないのでその点は注意しよう。
ちなみに筆者がオススメするのは安い通常版(Standard Edition、PC/Xbox One版のみ)かアドバンスエディションをひとまず買っておくことだ。こちらは、Year 3においてこれから登場するオペレーターが入手できるYear 3パスなどは付いていないが、入門するには十分なエディションとなっている。逆にオススメしないのは、PCのみに存在するスターターエディション。こちらはオペレーターのアンロックにゲーム内マネーが大量に必要になってしまうのだ。
ともあれ、まずはフリーウィークエンドで無料でプレイしてみてから本作の購入を検討すると良いだろう。チュートリアル的なシングルプレイモードであるシチュエーションモードをプレイしてから、対人戦に挑むのがオススメだ。

重田雄一

最終更新:5/18(金) 15:05
IGN JAPAN