ここから本文です

魚津のスナックで日中イベント ゲストDJ招き近隣飲食店とコラボ /富山

5/18(金) 10:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 魚津市駅前にあるスナック「ナイトロビー七歩」(魚津市釈迦堂1)で5月20日、日中イベント「日昼酒場」が開催される。(富山経済新聞)

「ナイトロビー七歩」のエリカさん、DJ のTAKESHIさん、ママの三和さん

 1979(昭和54)年のオープン以来、「大ママ」の愛称で親しまれる創業者の長谷和子さんと、「ママ」で長谷さんの娘・三和(みか)さんが切り盛りしてきた同店。

 ジャズが流れる落ち着いた雰囲気と、長谷さん母娘のおおらかな人柄ともてなしに、毎夜幅広い年齢層のファンが集まる。「常連のお客さんからプレゼントされたスケルトンマイクでカラオケを歌えば、昭和のスター気分が味わえるのも特徴」と三和さん。

 三和さんは「長年変わらないスタイルにこだわって営業を続けてきた。スナックは男性の社交場といったイメージが強いが、近所のお店やDJとのコラボレーションで、女性にも気軽に訪れてもらい、スナジョ(スナック女子)が増えるとうれしい」と話す。

 通常は夜間営業のみの同店が、イベント当日は日中に特別営業し、ゲストDJを招くほか、定番の和子さんによる煮物や、創作和食店「浜多屋 魚津駅前店」の熟成牛タン、「スペイン酒場テンプラ」のパエリアなど近隣飲食店のフードメニューを提供する。

「浜多屋 魚津駅前店」店主の浜多雄太さんは、日本酒や日本文化の普及と発展に貢献する活動が認められ、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(東京)から「名誉きき酒師」に昨年史上最年少で任命された。浜多さんは「今後は『七歩』に日本酒のアドバイスもしていく。ママが作った煮物に、初恋をイメージさせる日本酒を合わせたり、店内にモダンなラベルがかっこいいボトルを並べたりと意外性のある組み合わせが提案できれば」と意気込む。

 同店に15年通い、今回DJとして出演するTAKESHIさんは「日曜の昼下がりにぴったりの選曲で楽しい空間を演出する予定。お酒を飲みながらママやほかのお客さんと交流していってもらえれば」と話す。

 当日の営業時間は13時~17時。入場料は1,500円(1ドリンク、1カラオケつき)。

みんなの経済新聞ネットワーク