ここから本文です

目指すは”勝てる体制”。レッドブル・ホンダ誕生の可能性について、ホンダ山本モータースポーツ部長に訊く|F1ニュース

5/18(金) 18:56配信

motorsport.com 日本版

 今季からトロロッソにパワーユニット(PU)を供給しているホンダ。そして来シーズンからは、レッドブルにもホンダ製のPUが搭載されるのではないかと言われていて、アゼルバイジャンGPの際にはそれに向けた初めての会合が行われたということを、レッドブル側もホンダ側も認める発言をしている。

【写真】トロロッソのトスト代表と何やら話し合う、ヘルムート・マルコ

 では、実際の状況はどうなっているのか? ホンダの山本雅史モータースポーツ部長に尋ねると、次のように説明した。

「(レッドブルの)ヘルムート・マルコさんとは、非常にポジティブな、良いコミュニケーションができています」

 そう山本部長は語る。

「ただ、レッドブルと仕事するということは、我々ホンダとしても非常に覚悟のいるところです。ですから、我々は経営メンバーともこれについて議論していますし、マルコさんともその部分についての理解を深めています。レッドブルはトップチームですし、今年も勝っているチームです。その彼らを、我々のエンジンで勝たせたいし、我々も勝ちたいと思っています。そのために、マルコさんと協議を進めています」

「レッドブルが、ルノーと我々を天秤にかけているのは事実ですし、そこは明らかにされています。一方で、我々もレッドブルと組むからには責任がある。今年トロロッソと組んで、2戦目で4位になれたことで、次のステージに進みやすくなりましたが、ただその後の2戦で良いパフォーマンスを残せなかったことで、トントン拍子に行かなかったのも事実です」

「レッドブルは勝ちたい。そしてホンダとしてもレッドブルと組むことの責任とプレッシャー……そのあたりをうまく融合させるために話をしています」

「レッドブルに供給が決まった場合を考えて、スタッフの増員を検討しています。今トロロッソのプロジェクトを見ている田辺は、2チーム供給の全体の責任者になると思います。その下に、それぞれのチームを担当する責任者を置くことになるはずです。いま、その準備中です」

「レッドブルとトロロッソの2チームにPUを供給することになると、我々の組織も大きくなりますが、可能な限りコンパクトにしようと考えています。特にマネージメント、コミュニケーション面はそうしたい。それが我々にとってもプラスになると思います。それは、さくら研究所でのマネージメントが鍵になるでしょう」

1/3ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ