ここから本文です

福岡空港に高級ホテルの誘致検討 西鉄社長が構想

5/18(金) 7:29配信

朝日新聞デジタル

 民営化される福岡空港の事業者に実質的に決まった企業グループの西日本鉄道の倉富純男社長は17日、国際線ターミナルビルに併設する高級ホテルの誘致を検討していることを明らかにした。また、国内線と国際線のビルをつなぐ専用道路を整備し、乗り継ぎの改善を図る構想も示した。

 西鉄など地場連合の代表者が同日、高島宗一郎・福岡市長を表敬訪問した際に明らかにした。国際線ターミナルビルにホテルを併設する計画で、「五つ星程度の(高級)ホテルが可能であればやっていく必要がある」と話した。福岡市が、市内に高級ホテルがもっと必要と訴えていることを念頭においたものとみられる。国際線ビルの増床も検討するという。

 また、現在は国内線と国際線のターミナルビルが滑走路を挟んで離れていて、連絡バスで10~15分ほどかかるが、両ビルを5分ほどで結ぶ専用道路の整備を検討しているという。訪問後の取材には「将来的には自動運転もありうる」と話した。

 高島市長は「(企業グループと市で)協議会をつくり、戦略的にやっていきたい」と応じた。空港民営化について企業グループが提案した概要は、6月以降公表される予定。(女屋泰之)

朝日新聞社