ここから本文です

日大アメフト内田監督に「共謀共同正犯」で逮捕の可能性

5/18(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「あれは暴力」(新日本プロレス辻陽太・日体大アメフット部出身)。日大アメフト部のプレーに、プロレス界からも批判的な声が上がっている。

 関学大の選手がボールを手放した2秒後、日大の選手が猛烈なタックルをし、全治3週間のケガを負わせた。日大は関学大の抗議に「意図的な乱暴行為を行うことなどを選手に教えていることは全くない。ルールに基づいた厳しさを求めるものであるが、今回、指導者による指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていたことが問題の本質と認識しており、指導方法に関し、深く反省している」と書面で回答したものの、17日に兵庫県西宮市内で記者会見した関学大はこれを不服とし、24日までに追加の回答を求める意向を示した。

 また関学大アメフト部の鳥内監督は、日大の内田正人監督(62)が公の場に出てきていないことに、「大学の監督プラス、日本大学の中でも要職、地位のある役職におられるので、はっきり記者会見して、お詫びに来てほしい」と訴えた。
 
 すでに負傷した選手の父親は、警察に相談したことを明かしているし、「日大が指導方針を改めない場合、告訴も検討せざるを得ない」と語っている。刑事事件に発展しそうな雲行きなのだ。

 元検事の落合洋司弁護士によると、通常、競技中の危険プレーについて警察は慎重だという。プロ野球の試合でデッドボールを受けた打者が投手を殴っても警察沙汰にならないのは、ラフプレーと見なされるからだ。

「今回のアメフト事故では、もし被害者が死亡していたら、警察は遺族による刑事告訴がなくても傷害致死容疑で捜査に動いていたでしょう。ただ、脊髄損傷で後遺症が残った場合は微妙。世の中が“警察はなぜ動かないのか”と騒ぎ出せば当事者への捜査を開始したと思います。関学大の被害者は幸いなことに全治3週間ですみましたが、世間が注目する大問題になっているため、被害者が刑事告訴すれば略式の罰金刑でなく、検事が公判請求をして30万~50万円の罰金命令になる可能性が考えられます」(落合弁護士)

■警察が「選手と監督の悪質な共謀」と見なしたら

 問題は監督の関与だ。内田監督は学内でもアメフト部内でも逆らえる人がいない絶対的な存在だという。試合前のミーティングで「最初のプレーで相手のクオーターバックにケガをさせる。何か言われたら『監督の指示』と言っていい」と話したとも報じられた。

 16日、内田監督は日大広報課を通じて「反則を指示したことはない」と否定したが、問題の選手は「『(反則を)やるなら出してやる』と監督から言われた」と周囲に話しているという。

 警察が「選手と監督の悪質な共謀」と見なしたら、罰金刑ごときでは済みそうにない。どんな罪に問われるのか。

「考えられるのは『共謀共同正犯』。ヤクザの親分が子分に誰かを傷つけてこいと命じた場合に適用される罪です。ヤクザ事件と同じように、警察はまず実行犯である選手を逮捕し、事情を把握してから監督を逮捕という手順でしょう。全治3週間なら2人とも求刑10月~1年程度。ただし、違法行為をためらっている選手を監督が脅してタックルさせたと認定されたら、判決は選手が懲役8月、監督は1年2~6月と、監督のほうが罪が重くなると思われます」(落合洋司氏)

 日大の選手は試合後、涙を流している。本人は退部する意向だという。