ここから本文です

THE BEAU HUNKS SEXTETTEによる“レイスコ”作品集が「LI’L DAISY」よりリイシュー

5/18(金) 17:02配信

CDジャーナル

 1930~50年代に活躍し、コンポーザー / アレンジャーとしてのみならず、コンダクター、ピアニスト、発明家など多彩な肩書きで知られ、近年は電子音楽のパイオニアとしても注目を浴びる米音楽家・Raymond Scott。その1930年代における“カートゥーン・ジャズ”期のユニークな楽曲群の再現に尽力するオランダの“ドキュメンタリー・オーケストラ”THE BEAU HUNKS SEXTETTEによる1996年発表の2作品が、岡田 崇(VAGABOND c.p.a.)主宰レーベル「LI'L DAISY」よりリイシュー。『Celebration on the Planet Mars(火星人のどんちゃん騒ぎ)』(LDCD-003 2,700円 + 税)、『Manhattan Minuet』(LDCD-004 2,700円 + 税)の2タイトルが5月30日(水)に発売されます。

 100頁に及ぶブックレットと2CDをパックした『Raymond Scott Songbook』に続く“レイスコ”関連作品となる両タイトルは、、英語 / 日本語ブックレット付きのブック型特殊パッケージでの新装リイシュー。いずれもカヴァー・アートには、1940~50年代に数多くのレコード・アートワークを手がけたイラストレイター・Jim Floraの作品があしらわれています。なお『Manhattan Minuet』のブックレットには、THE BEAU HUNKS SEXTETTEの演奏を目の当たりにしたElvis Costelloによる興奮のコメントをフィーチャー。

最終更新:5/18(金) 17:02
CDジャーナル