ここから本文です

「神戸まつり」スタート 初夏のミナトに開幕の鐘

5/18(金) 11:59配信

神戸新聞NEXT

 ミナト神戸の初夏を彩る「第48回神戸まつり」(神戸新聞社など後援)の開幕を告げる「港の行事」が18日、神戸市中央区の神戸ポートオアシスで催された。「神戸港繁栄の鐘」を港湾関係者らが打ち鳴らし、神戸港や神戸空港の発展と安全を願った。

【動画】初夏のミナトに開幕の鐘

 同行事は、神戸市民祭協会や神戸港振興協会が主催。鐘突きに先立ち、ポートオアシス内で「みなと繁栄安全祈願祭」があり、約180人が出席して神事が執り行われた。

 その後、2階エントランスホールで、久元喜造市長や神戸海洋博物館マリンメイトの越智綾香さん(28)らが鐘を突き、高らかな音を一帯に響かせた。久元市長は「神戸まつりは市民に定着し、皆さんが楽しんでいる。この素晴らしさがずっと続いてほしい」と話した。

 19日には各区のまつりがあり、20日のメインフェスティバルは、三宮・元町一帯でパレードやステージイベントが華やかに展開される。(上杉順子)

最終更新:5/18(金) 14:13
神戸新聞NEXT