ここから本文です

太賀×吉田羊「母さんがどんなに僕を嫌いでも」主題歌はゴスペラーズ

5/18(金) 10:00配信

映画ナタリー

太賀と吉田羊の共演作「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の主題歌をゴスペラーズが担当することがわかった。

【写真】「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(他3枚)

本作は、社会人として働く主人公タイジが関係を断っていた母と向き合い、その愛を取り戻そうとする姿を描くドラマ。太賀がタイジ、吉田がタイジの母・光子を演じたほか、森崎ウィン(PrizmaX)、白石隼也、秋月三佳、木野花らがキャストに名を連ねる。ティザービジュアルには「“大好き”をあきらめない。」とコピーが添えられた。

ゴスペラーズは本作のために主題歌「Seven Seas Journey」を書き下ろし。作詞、作曲を担当した安岡優は「この映画には『愛されること』と『愛すること』、その両方が描かれています。主題歌には『ララバイ』であり『セレナーデ』である曲が必要でした。愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌。そのどちらも感じてもらえたら嬉しいです」とコメントを寄せた。同曲を収録したシングル「In This Room」は7月4日に発売される。

歌川たいじによるコミックエッセイを「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修が映画化した「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は、11月に全国でロードショー。



(c)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

最終更新:5/18(金) 10:00
映画ナタリー