ここから本文です

(いちからわかる!)歌舞伎や落語、「襲名」ってよく聞くね

5/18(金) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■より上位の名を継(つ)ぐ風習。技芸の上達も期待できるんだ
 コブク郎 歌舞伎(かぶき)や落語で「襲名(しゅうめい)」をよく聞くね。
 A 襲名は由緒(ゆいしょ)ある名や師の名を継(つ)ぐことを意味するんだ。江戸(えど)時代にはすでにあった風習だよ。相撲(すもう)界などにもあるけど、よく言われるのは歌舞伎、人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく)、落語、能楽など日本の伝統芸能界だね。
 コ どうしてそんな風習が続いているのかな?
 A 型や様式が細かいところまで発展した江戸の社会が影響(えいきょう)している、ともいわれる。…… 本文:982文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社