ここから本文です

大卒就職率、過去最高98% 高卒も27年ぶり高水準

5/18(金) 9:50配信

朝日新聞デジタル

 今春卒業した大学生の就職率(4月1日現在)は98・0%で、前年同期より0・4ポイント増えて調査を始めた1997年卒以来、過去最高となった。厚生労働省と文部科学省が18日発表した。上昇は7年連続で、過去最高は3年連続の更新だ。厚労省は、景気回復や人手不足で企業の採用意欲が高まった影響だとみている。

 調査は国公立24大学、私立38大学の4770人を対象とした。文系は同0・9ポイント増の98・2%、理系は同1・5ポイント減の97・2%で、調査開始から初めて文系が理系を上回った。

 厚労省によると、理系には国家資格を取得した上で就職を目指す学生が多い。こうした学生のうち資格試験に不合格だった人が、学生に有利な「売り手市場」が続くなかで就職活動を1年先延ばししても希望の就職先に入れると考え、今春の就職を見送った影響とみられるという。

 一方、文科省によると、今春卒業した高校生の就職率(3月31日現在)は前年同期より0・1ポイント増の98・1%だった。上昇は8年連続で、91年卒以来27年ぶりの高水準だった。やはり企業の採用意欲の高まりが影響したという。(村上晃一)

朝日新聞社