ここから本文です

〔東京株式〕小幅続伸=円安が追い風(18日)☆差替

5/18(金) 15:30配信

時事通信

 【第1部】日経平均株価は前日比91円99銭高の2万2930円36銭、東証株価指数(TOPIX)は6.88ポイント高の1815.25と、ともに小幅続伸。東京外国為替市場で1ドル=111円台まで進んだ円安・ドル高が株価上昇の追い風となった。
 銘柄の56%が値上がりし、40%が値下がりした。出来高は13億0310万株、売買代金は2兆2800億円。
 業種別株価指数(33業種)は、石油・石炭製品、鉱業、保険業の上昇が目立った一方、その他製品、食料品、金属製品などは下落した。
 個別では、スズキが上伸し、トヨタは強含み。ソニー、ファナックが買われ、SMCは大幅高。国際帝石、東海カ、伊藤忠が値を上げ、JXTGは高い。東京海上、エーザイが急伸し、みずほFG、ファーストリテは小幅高。半面、東エレクが値を下げ、SUMCOは弱含み。明治HDが売られ、武田は軟調。任天堂が下押し、ソフトバンクGは小幅安。三菱UFJ、住友不はさえない。
 【第2部】続伸。東芝がにぎわい、REMIXは小幅高。半面、アサヒインテックは反落した。出来高2億1465万株。
 【外国株】まちまち。出来高119万6000株。(続)

最終更新:5/18(金) 18:27
時事通信