ここから本文です

責任者出てこい!関学大・鳥内監督、日大回答受け怒り会見/アメフット

5/18(金) 7:00配信

サンケイスポーツ

 アメフットの関学大と日大の試合で日大選手による悪質な反則行為でQBが負傷した問題で、関学大は17日、西宮市内で記者会見を開き、日大から「意図的な乱暴行為を選手へ教えることはない」と内田正人監督(62)の指示はなかったとする抗議文への回答書を公開した。関学大側は「疑問、疑念を解消できておらず、誠意ある回答とは判断しかねる」と真相究明を強く求めた。鳥内秀晃監督(59)は「指導者がすぐに来て選手と保護者に謝るのが筋」と怒りをあらわにした。

 責任者、出てこい-。衝撃的な“事故”から11日が経過。関学大は、15日に日大から届いた抗議文への回答書の内容を明らかにした。小野宏ディレクター(57)とともに会見に出席した鳥内監督は、さらに態度を硬化させていた。

 「誰もが思うことで、非常に悪質(なプレー)。次の日かその次の日にでも、責任者がわれわれ(指導者)や選手、保護者に直接謝罪するのが筋ではないか。同じ指導者としては到底、受け入れられない」

 日大は回答書のなかで負傷したQBに謝罪したが、反則タックルについては意図的ではなかったと否定。「弊部の指導方針はルールに基づいた『厳しさ』を求めるものでありますが、指導者による指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていたことが問題の本質」と説明。ミーティングでの監督から選手への発言については「選手全員に『厳しさ』を求め、士気を上げるために行ったもの」との見解を示した。

 これに対して鳥内監督は「みんなの前で『厳しさ』を求めているのに、なぜ彼だけがあのようなプレーをしてしまったか」と矛盾点を指摘。「私ならあのプレーを見た瞬間にその試合は出さない。それは求めている厳しさではない、そういうプレーをしろといったんじゃないと伝える。現場で見ていて、なぜそれができない。真相究明が必要」と調査が不十分とした。

 被害者側の鳥内監督が2度会見しているのに対して、内田監督はいまだに公の場に姿を見せることなく説明を避けている。「現場で責任者は監督です。やっぱり監督の責任があると思います。日大の中でも地位の高いところ(常務理事)におられる方なので、会見して一言謝るものなのでは」と批判した。

 内田監督は日大の運動部を束ねる保健体育審議会局長と人事部長、人事担当の常務理事を兼務。ある教授が「独裁者」と表現するほどの権限を持つ。あるアメフット部OBは「人事を含めて全部1人で決められる立場。何か言える人はいない」と語る。

 鳥内監督は「コーチも意見できないと聞く。あれで学生を守れるのか疑問。同じ指導者として受け入れられない」と話し、怒りは収まらなかった。