ここから本文です

飲み放題980円で激安 ステーキも食べられるチェーン居酒屋「甘太郎」

5/18(金) 19:00配信

アスキー

お酒好きのナベコが全国チェーンの居酒屋をチェック! 今回行ったのは「甘太郎」。おすすめメニューや主な価格一覧、ナベコ独自のイチオシポイントなどをまとめました。飲み会の幹事をするときなどの参考にどうぞ! 料理以外のお店の雰囲気などもお伝えしています。

【もっと写真を見る】

 アスキーのグルメ担当ナベコです。この連載では、全国各地にチェーン展開している居酒屋を取材し、おすすめメニューなどを紹介します。通常のグルメレポートと異なるのは、料理やお酒などドリンクメニューの紹介以外にも、どういったお店なのか店内状況に至るまで、実際に利用する人目線でお届けします!
※あくまでもナベコが取材した店舗を基に記事を作っています。同じチェーン店でも店舗ごとによって環境が異なる場合もございます。予めご了承くださいませ。
 
 チェーン店はメニューが豊富だったり、値段も比較的安価だったりと利用する機会が多いですよね? ただ、意外と困るのが「公式サイトなどではわからないこと」もあるという点。たとえば、お箸が割り箸なのか、おしぼりはタオルなのか、などなど。飲み会などのシーズンでは、幹事を務める人が出席する人の要望にできる限り応えるという使命が(たぶん)ありますよね。そういうときに役立つような情報も本連載で紹介します。
 
 今回取材に行ったのは「甘太郎」。東京のみならず、北海道、神奈川、愛知、大阪などの繁華街に展開している甘太郎は、私にとって「焼肉食べ放題」のイメージが強いです(焼肉食べ放題は関東のみ実施しているそう)。アラカルトのメニューも豊富なので、今回は焼肉以外を味わってみることにしました。
 
店舗情報
「甘太郎」
公式サイト:http://www.amataro.jp/
料理ジャンル:肉料理、創作料理など
看板メニュー:「甘太郎のごちそうポンドビフテキ」(1999円)
 
甘太郎は飲み放題が980円 席料もないので安く使える
 訪れたのはとある繁華街の「甘太郎」。水曜日の20時。若者向けの商業施設が近くにあるため混雑を予想して、あらかじめ予約をしておきました。入ってみると店内のテーブル席は6、7割くらいの状況だったので、予約せずとも大丈夫だったかもしれません。
 
 事前に予約をしていたからか、うれしいことに個室を用意してもらえました。この日はとある事情から、学生時代の友人の女子も一緒に来てくれました。個室だと女子会的な話もひと目が気にならないので助かりました。
 
 さて、お酒を注文!
 
 店員さんが最初に「飲み放題にしますか?」と聞いてくれて、飲み放題の値段を確認したところ安くて驚きました。
 
 なんと「お手軽飲み放題」がひとり980円! 価格に惹かれて飲み放題にすることに。
 
 ただしお手軽飲み放題ではビールは対象外。ですが、ビールを注文する際は、1杯ごとにプラス100円で頼むことができます! ビールをたくさん飲まないような場合は、こちらの飲み放題がものすごくオトクです。
 
 まずはビールで乾杯! アサヒのエクストラコールドです。
 
 お決まりで、ビールの液体と泡の比率を測っているのですが、液体が11cmに対して、泡が2cm。泡がやや少ないかもしれません。ですが、飲み放題がこんなにオトクなので、細かいことは気にしません。
 
 プッハー。ビールおいしい! アサヒのエクストラコールドはキリリとしたドライな味わいで喉ごしがいいです。
 
 今回のお手軽飲み放題は「ビール」は対象外でハイボールやサワー各種など70種以上のドリンクが対象のようでした。ビールではなく、「クリアアサヒ」であれば飲み放題の対象です。
 
 ビールを含めた「通常飲み放題」は1180円でした。甘太郎のサイトなどを確認したところ、飲み放題に関しては店舗やシーズンごとに異なるようなので、利用したいという方はお近くの店舗に問い合わせてみてください。取材に行った店舗では、ビールを3杯以上注文するのであれば、「通常飲み放題」がオトクですね。
 
 居酒屋につきもののお通しはというと……。甘太郎にはお通しがありませんでした! 席料もかかりません。お通し、席料がないので、そのぶん会計も安くすみます。リーズナブルさ重視だったら、甘太郎が選択肢に入ってくるはず。
 
カラオケのような雰囲気でプライベート感ばっちり
 お酒も入ったし、女子友だちに近況報告などをしつつ、女子会ムードが高まっていきました。個室はいいですね~。店内の雰囲気をざっとお伝えするとこんな感じでした。
 
 訪れた甘太郎はテーブル席と個室があって、個室は掘りごたつで広々。さらに、大きなディスプレーとカラオケの機材がありました。そう、甘太郎はカラオケができるようです。この日は会話が盛り上がったので、カラオケしようとはなりませんでしたが、宴会の後にカラオケに行くという流れはありがちなので、飲み会の席にカラオケがあるのは便利そう。お酒を飲めてカラオケもできて一石二鳥ですね。家族連れの場合もカラオケができればお子さんは飽きなさそうですよ。
 
 ちなみに、甘太郎は関東限定で焼肉食べ放題をやっていますが、通される席によって焼肉メニューを提供できない場合があるようです。「今日は焼肉食べ放題」という場合には、事前に予約をしておいたほうが確実でしょう。
 
 注文はすべてタッチパッドで。個室で扉も閉めきってしまいますが、なにかあったらタッチパッドから店員さんを呼ぶこともできるので、意思疎通に不便はありません。
 
 お箸は使い捨ての木のもの。おしぼりは布製で、袋のまま席においてくれました。
 
 ちなみに、灰皿も普通においてありました。入店の際は、喫煙、禁煙かというのは特に聞かれません。
 
居酒屋で鉄板ステーキを頼める幸せ
 「甘太郎といえば肉!」ということで、まずはお肉料理を頼みました!
 
 こちらは豪快なステーキです。他の料理も食べたかったので小サイズのものを頼みましたが、1ポンド(約450g)の「甘太郎のごちそうポンドビフテキ」(1999円)もあります。
 
 注文する時に、ガーリックの量、もやしの量を選べるのがユニークでした。もちろん、どちらも多めで!
 
 熱々の鉄板で提供。まるで雰囲気はステーキレストランで出してもらうメイン肉料理。いろいろな料理を揃える居酒屋さんで、ここまでしっかりと「ステーキ」が用意されているのは珍しい。
 
 お肉を前にすると女子のテンションは上がるもの。ステーキ様が登場した瞬間、焼き色が美しくついた様子や、ジュワジュワした雰囲気に、キャーーーーーと、中腰になってしまいました。なんでお肉ってこんなに盛り上がるのでしょうかね。
 
 甘太郎のビフテキは、ハサミでカットして塩味の濃いタレにつけて食べていきます。感想は「ガツンとおいしい!!」
 
 香ばしい焼き目とパワフルジューシーなおいしさが広がりました。部位は聞けませんでしたが、絶妙な噛み応えもあってビールを流し込みながら飲むにはぴったり。タレの味が濃いめなのもお酒には合います。
 
 私としてはガーリックたくさんのせられたのがうれしい。翌日ににおいが残るかもしれませんが、そんな背徳感も女子の話を花咲かせてくれます。
 
 続いて注文したのは「ねぎ塩マグロ」(499円)。マグロのぶつ切りに細かく刻んだネギがのっていました。味は塩だれで韓国風のおつまみのような雰囲気。マグロのぶつを醤油でどうぞ、というメニューはよくありますが、塩だれは珍しい。おつまみらしいメニューです。
 
 想像していたよりマグロの切り身が大きかったですし、お肉料理にもぴったりなテイストで最高です。
 
 甘太郎にはギョウザももちろんありますよ。注文したのは「もち皮焼ギョウザ12個」(499円)。ひと口サイズの鉄板ギョウザ。熱々で提供してもらえました。つけダレが3種用意されていました。ポン酢、ギョウザダレ、味噌ダレ……かな。どれをつけても外れナシ。ポン酢がさっぱりするのでオススメです。
 
 ギョウザの皮がもっちり。小さめのギョウザなので、薄めの皮でスナックのような食感を想像していたのですが、意外にも皮がモッチリ系でした。食べ応えあります。
 
 中身のあんもたっぷり入っていました。「お肉み」があってジューシー。ひと口ギョウザですが、たっぷり感があったのが好印象。タレも選べるし楽しいですよ。
 
 がっつりメニューだけでなく「甘太郎の大根マウンテン」(599円)も注文。大盛りの大根サラダです。水菜、シラスジャコがかかっていました。かつお節とドレッシングが別添え。シャキシャキ食感のサラダはボリュームたっぷり。最初に頼むと、最後までずっとつまみ続けられます。女子としては野菜も食べたいので、こういうボリューム系のサラダがあるとうれしいです。
 
 珍しいなと思って注文したのは「竹の子ユッケ」(399円)。玉子を割って、コリコリ食感にまろやかな味わい。かつお節がかかっているから「和」という雰囲気の味ですよ。
 
たくさんあるお酒はジョッキでガンガン頼める
 飲み放題なので、お酒は(常識的な範囲で)無限に頼めます。
 
 「レモンサワー」はレモン味のリキュールを炭酸で割ったタイプとみえて、あっさりした味でした。もう少しレモン感がほしいなという気持ちもありますが、飲み放題であれば納得の味です。
 
 「梅酒」「あんず酒」など女子が好きなお酒もたくさん揃えています。
 
 脂料理と相性がいい「ウーロンハイ」もあります。私としては酒の合間にチェイサー感覚で飲めちゃいます。
 
 そもそも、お酒はジョッキで提供されるので大ボリュームでテンションが上がります。
 
オススメは「たくポテサラダ」
 私のオススメは、他にはあまりない「たくポテサラダ」。
 
 かつお節がたっぷりのっています。ポテトサラダに見えない。「和風」とはこういうことなのですね。
 
 ポテトサラダのクリーミーな味に刻んだたくあんのコリコリした食感がおもしろい組み合わせ。マヨネーズ感やおいものほっくりした感じは薄まるので、ベーシックなポテトサラダとはかなり違う、創作ポテサラです。
 
 私はたくあんの歯ごたえって大好き。たくあんで食べごたえがプラスされて、お酒がすすむので、こちらもおつまみらしいメニュー。
 
 一般的な発想にとらわれないたくポテサラダは甘太郎ならでは。ポテトサラダ好きな人にぜひ試してもらいたいです。
 
安くお酒を飲んで楽しむなら「甘太郎」一択!
 とにかく飲み放題が安いのでリーズナブルな飲み会の場所にぴったり。個室も豊富なので、4~6人程度の仲間内の飲み会に利用しやすそうです。
 
個室だから気兼ねなく楽しめる
 
 冒頭にも記載したように今回は事前に予約したからか、個室に通していただけました。チェーン居酒屋だとお客様も多かったり、となりの卓と近かったりすると「込み入った話」などができないことも……。ただ、個室なら他人の目を気にせず楽しめるのが非常にうれしいです。
 
 甘太郎にはカラオケ機能などもあるので、家族連れなどでも使えそうな居酒屋です。打ち上げなどでも利用できるのかな?
 
お化粧直しもできちゃう広いトイレ
 
 お手洗いは、男女別で別れていて、ドアをあけると、洗面台がいくつかある広いスペース。個室が2、3個あって充実していました。大きめなカラオケやファミレスのお手洗いをイメージに近いです。女子の場合、お化粧直しもしやすそう。
 
予想以上に安くてびっくり お会計は3人で7164円
 
 お会計は、3人で満足するだけ飲み食いして7164円でした。ひとりあたり約2400円……って安い! 料理を6品頼んで、飲み放題を3人ぶんにつけています。
 
甘太郎を使えそうなシチュエーション
・少人数での飲み会
・大人数での飲み会
・女子会
・学生など若い人の飲み会
 
■「甘太郎」で好きなメニューを教えてください
 
 みなさんは「甘太郎」に行くとなにを頼みますか? ナベコTwitter(@wagomunabe)に教えてください。Facebookもやっています!
 
ナベコ
 
寅年生まれ、肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。
ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー、レモンサワー、ホッピー、アルコール全般が大好き。お酒に合う塩分高めの食事も。
「アスキーグルメ」でおいしい飲食情報を発信中!
 
 
特に記載のない限り、記事内の表記価格は「税抜き」です
 
文● ナベコ

最終更新:5/18(金) 20:59
アスキー