ここから本文です

関学大・小野ディレクター、日大は「誠意なし。疑問、疑念を解消できず」/アメフット

5/18(金) 7:00配信

サンケイスポーツ

 アメフットの関学大と日大の試合で日大選手による悪質な反則行為でQBが負傷した問題で、関学大は17日、西宮市内で記者会見を開いた。

 本当のことを話して…。鳥内監督とともに会見した小野ディレクターは、悪質な反則行為を繰り返した日大選手に対して訴えた。

 「なぜ突然、あのようなプレーをしたのか、真相究明が必ずなされるべき。その不可解さが納得いかない限り、この問題は解決しない。本人(日大選手)がこのことについての真実を自分の口から話すことが、彼のこれからの人生のためにも必要なんだろうと思います」

 100キロ近い体の選手が行った、無防備な状態の人間へのためらいなきタックル。言語道断のプレーであることには変わりないが、相手も同じフットボール仲間。被害者側という立場でありながら、危害を加えた選手の将来を思いやった。

 小野ディレクターは当該選手が退場になった後のベンチの動きにも注目。「選手が寄ってきてまさしくねぎらうような行為が行われていた。まったく理解できない」とし、監督の指示なしとの日大の回答について「疑問、疑念を解消できておらず、誠意ある回答とは判断できない」とはねつけた。現役時代、名QBだった小野ディレクターは負傷したQBの家族について「当然、ものすごく憤っておられた。そもそものプレーに対しても、監督の指示があったのではという疑念についても。収まってくるという感じではない」と説明した。

 日大は今回に提出した回答書で、事実の把握や当該プレーに至った経緯、それまでの指導内容や試合後の対応について、より詳細な確認を行うことを理由に、24日を目処に再回答するとしている。

 QBの家族はすでに警察に相談済み。日大に送った文書でも「保護者はスポーツの範疇を超えた傷害事件ととらえている」と通告している。24日の再回答書を待って、家族は刑事告訴するかどうか、アメフット部は次年度の定期戦について判断する。小野ディレクターは「我々は捜査機関ではない。真摯な調査に基づいて、日大アメフット部に真相を究明していただきたい。それが納得できるものであれば、誠実な回答であったと考えられるのではないか」とあくまで日大自身の自浄作用を求めた。