ここから本文です

大会記録更新の個人9人、リレー2チーム表彰 袋井陸協

5/18(金) 8:31配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 袋井市陸上競技協会は15日夜、2017年度の協会主催大会で大会記録を更新した選手をたたえる「ベスト・トライアル」の表彰式を市総合センターで開いた。

 記録を更新したのは小中高生の個人9人とリレー2チーム。岩瀬護会長が「多くの歴史が積み重ねられてきた中での記録更新に敬意を表したい」と賞状を手渡した。袋井市と森町在住者の記録更新者に贈る同トライアルの「袋井・森版」(静岡新聞社・静岡放送後援)は3人が表彰を受けた。

 第52回全国高校定時制通信制陸上競技大会で100メートルと200メートルを制した遠山亮太さん(当時クラーク記念国際高浜松キャンパス、現中京大)と、走幅跳で3位入賞を果たした山本翔天さん(鹿島学園高浜松キャンパス2年)には優秀選手章を贈った。

静岡新聞社