ここから本文です

柳澤美冴、ステップ初V王手にも泰然自若「明日も無心でやるだけ」

5/18(金) 19:14配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ツインフィールズレディーストーナメント 2日目◇18日◇ゴルフクラブ ツインフィールズ ゴールドコース(6,462ヤード・パー72)>

【写真】全身で喜びを表現するイ・ナリ

ステップ・アップ・ツアー第6戦「ツインフィールズレディース」2日目の競技が終了し、7バーディ・1ボギー「66」をマークした柳澤美冴がトータル5アンダー・単独首位でフィニッシュ。ステップ初優勝に王手をかけた。

アウトコースから出た柳澤は、2番で2mのしびれるパットを沈めてパーセーブ。「あれは大きかった」と流れをつかむと、続く3番では4mのバーディパットを沈めて波に乗った。前半さらにバーディを2つ重ねて折り返すと、12番からは3連続バーディ。その後もバーディとボギーを1つずつにまとめてポールポジションに立った。

柳澤は2016年からの2年間をレギュラーツアーで戦ってきたが、昨年のファイナルQTで90位にとどまり、出場権を逃してしまう。「今年の2月までは、2018年シーズンをどうしていくか悩みに悩みました。ステップで行くか、主催者選考会を勝ち抜いてレギュラーに出るか。でも、選考会を通過しても、予選通過できる保証はないと思って、確実に出場できるステップで結果を残していこうと決めました。焦ってもいいことはない。目の前にある試合を積み重ねていくことが大事だと思います」。

今季6試合目にして1つ目の“結果”を手にするチャンスがやってきた。「このコースはバーディを獲りにいって獲れるコースではないので、明日も無心でやるだけです」。明日はレギュラーツアー2勝のイ・ナリ(韓国)と同組に。振り切ることができれば大きな経験となる。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>