ここから本文です

「蔚州世界山岳文化賞」に英登山家のクリス・ボニントン氏=韓国

5/18(金) 12:30配信

聯合ニュース

【蔚山聯合ニュース】韓国唯一の国際山岳映画祭、蔚州世界山岳映画祭は18日までに、「2018蔚州世界山岳文化賞」の受賞者に英国の登山家クリス・ボニントン氏(83)を選定したと発表した。

 同賞の選定委員会は「未来志向のクライミングを追求してきた初のプロ登山家であり、アンナプルナ南壁とエベレスト南西壁の初登頂を成し遂げ、世界の人々の冒険と開拓の精神を呼び覚ました。数多くの著書と映像で登山の大衆化に寄与した」と選定の理由を伝えた。

 また、韓国南東部の蔚山市蔚州郡で9月7~11日に開く「第3回蔚州世界山岳映画祭」のスローガンである「新たな挑戦」に最もふさわしい人物だとも評した。

 登山家で冒険家のボニントン氏は16歳でクライミングを始め、たゆみないチャレンジで世界の数々の高峰に登り詰めた。1996年には英国女王からナイトの爵位(Sir)を授与された。作家として執筆活動も意欲的に行い、約20冊の著書を持つ。

 蔚州世界山岳文化賞の授賞式は第3回蔚州世界山岳映画祭の開会式で行われる。同映画祭では世界の山岳映画約150作品とさまざまな山岳文化が紹介される。

最終更新:5/18(金) 13:47
聯合ニュース