ここから本文です

現在、Yahoo! JAPAN IDでログインしにくい状態が発生しております。
ご迷惑をおかけしますが、復旧までしばらくお待ちください。

日大タックル問題「監督自ら説明を」 公明・井上幹事長

5/18(金) 15:28配信

朝日新聞デジタル

■井上義久・公明党幹事長(発言録)

 (日本大のアメリカンフットボール選手が悪質なタックルで関西学院大の選手を負傷退場させた問題で)私もラグビーの経験があるが、こういうコンタクトスポーツはよりルールを守ることが非常に大事だと思う。やはりスポーツですから、なにか障害が起きるようなことは絶対あってはならない。

 私もニュース報道などで映像を見ているが、明らかにルールを逸脱したタックルと言わざるを得ない。非常に遺憾に思っている。現場の指揮は監督が行っているので、やはり日大の監督がきちっとこの経緯を自ら説明していただくこと、再発防止をきちっとやることが大事ではないか。(記者会見で)

朝日新聞社