ここから本文です

日本製造業の象徴「ものづくり」を学ぶ…韓国人研修希望者の募集始まる

5/18(金) 17:00配信

中央日報日本語版

日本製造業の象徴である「ものづくり」を学ぶために韓国人が日本の現場に飛び込む。

韓日産業技術協力財団は、韓国企業の製造革新のために日本製造業原動力であるものづくりにIoT(モノのインターネット)を組み合わせた「ものづくりIoT」研修を実施する。

今回の研修は、愛知県名古屋などで7月2日から5日まで行われる。募集対象とされているのは、韓国の中小企業工場改善、品質管理、生産技術分野の課長およびチーム長級以上で、募集人員は20人。

韓日産業技術協力財団は、韓日両国間の産業・技術協力を促進させ、相互交流を通じて発展的かつ未来志向的な韓日関係の確立に寄与するために、1992年9月1日に設立された機関だ。