ここから本文です

厚さ16.9mmの15.6型ノート「MateBook D 2018」が発売、狭額縁ディスプレイ採用

5/18(金) 11:00配信

Impress Watch

 Intelの第8世代Coreシリーズを搭載した15.6型ノートPCがファーウェイから登場、「MateBook D 2018」が発売された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ラインナップは2モデルで、Core i7-8550U/GeForce MX150/128GB SSD + 1TB HDD搭載の「MRCW60H78AAANAUA」と、Core i5-8250U/1TB HDD搭載の「MRCW10H58NABNNUA」が販売されている。

 店頭価格は順に税抜き117,800円(税込127,224円)、税抜き87,800円(税込94,824円)。販売ショップはソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館など。

■第8世代Coreシリーズや狭額縁ディスプレイ搭載の15.6型ノートPC

 MateBook D 2018は、第8世代Coreシリーズや狭額縁仕様の液晶ディスプレイを搭載した薄型の15.6型ノートPC。ディスプレイ解像度は1,920×1,080ドット、本体の厚みは約16.9mm。

 6.9mmの狭額縁ベゼルを採用することで83%の画面占有率を実現しており、Dolby Atmosサウンドシステムとの組み合わせでゲームやブラウジングに好適とうたっている。

上位モデル「MRCW60H78AAANAUA」

 今回発売された2モデルの違いは、CPUや本体カラー、GPUの有無、ストレージ構成で、上位のMRCW60H78AAANAUAはMacBook風のカラーリングとなっている。なお、下位のMRCW10H58NABNNUAのビデオ機能についてはCPU内蔵のIntel UHD Graphics 620となる。

 それ以外の仕様は共通で、搭載メモリはDDR4 8GB、OSはWindows 10 Home(64bit)。搭載デバイス・インターフェイスはIEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.1、HDMI出力、USB 3.0×2、USB 2.0×1を備える。

 本体サイズは幅358×縦239×厚さ16.9mm、重量は1.9kg。

下位モデル「MRCW10H58NABNNUA」

[撮影協力:ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:5/18(金) 11:00
Impress Watch